ダイエットの根本

60CD342E-B261-414F-99B4-E9307096A41C

ダイエットの根本
〜まずは痩せる理屈を知る〜

こんにちは!
M性感シンドロームのアンナです♡

日に日に暑くなり夏の訪れを感じますね!
露出が増える季節になると気になるのが体型のお悩み。

太っている、痩せすぎる、筋肉がない、体の悩みは人それぞれですよね( ๑´•ω•๑)

特に多いのが痩せたい!と悩んでる方は多いのでは?

ダイエットの話題になるときに注意して欲しいのが、ガリガリ過ぎはよくないです!

近年パリコレでは痩せすぎているガリガリのモデルは採用しない、筋肉のある健康的なヘルシーボディがいいとされる時代です。

日本人はガリガリボディをなぜか好みます。

09F90E46-0D27-4813-9E61-0D6FE766E0D3

美の定義は国によって違いますが、日本人は中国レベルの細さを好みますよね。
不健康なガリガリの細さは女性としてあまり魅力を感じません。

アンナも痩せていることが美徳とは思いません。
私自身痩せ過ぎて生理が止まったり、体力が落ち過ぎて30分歩くことができなくなった経験があります。元気なのに「体調悪い?」って心配されたり、、あの頃は辛かった(´;д;`)

なので程よくなのです!
太りすぎていたり、側から見てぽっちゃりレベルだとしても自分自身が気にしていて、自分に自信が持てないのであれば、程よく痩せた方がいいのかな?とは思います。

っという、前置きのもと今日はなんだかんだ美容歴10年になるアンナからダイエットについてお話しさせていこうと思います。

世の中にはいろんなダイエット方法があります。そして時代とともにいろんなダイエット方法が流行しましたね。

1960年代
⚪︎健康サンダル
⚪︎強力な痩せ薬

1970年代
⚪︎スタイリー
⚪︎ぶら下がり健康器
⚪︎ルームランナー
⚪︎紅茶きのこ

1980年代
⚪︎りんご
⚪︎こんにゃく
⚪︎ゆでたまご
⚪︎エアロビクス

1990年代
⚪︎寒天
⚪︎黒酢
⚪︎やせる石鹸
⚪︎ダイエットスリッパ
⚪︎ダンベル体操

2000年代
○食
⚪︎白いんげん
⚪︎チョコレート
⚪︎豆乳クッキー
⚪︎炭水化物抜きダイエット
⚪︎納豆
⚪︎キャベツ
⚪︎朝バナナ
⚪︎夜トマト
⚪︎DHCプロティン
⚪︎タニタ食堂
⚪︎ヨーグルト
⚪︎低インシュリン

○運動
⚪︎ビリーズブートキャンプ
⚪︎レッグマジック
⚪︎バランスボール
⚪︎加圧トレーニング
⚪︎コアリズム
⚪︎骨盤系
⚪︎ヨガ

○その他
⚪︎デトックス
⚪︎レコーディングダイエット
⚪︎アブトロニック
⚪︎巻くだけダイエット

2010年代
○食
⚪︎マイクロダイエット
⚪︎ヒルズダイエット
⚪︎プチ断食
⚪︎サバ缶
⚪︎糖質オフ
⚪︎グリーンスムージー
⚪︎塩麹
⚪︎ココナッツオイル
⚪︎酵素

○運動
⚪︎樫木式カーヴィーダンス
⚪︎ムチャンダイエット
⚪︎ヤーナリズム
⚪︎ロングブレスダイエット
⚪︎ヒップホップアブス
⚪︎ドSトレーナー兼子ただし
⚪︎TRF イージー・ドゥ・ダンササイズ
⚪︎バレエ・ビューティフル

などなど、皆さまもチャレンジしたダイエット法もあるのでは?

アンナも学生の頃ビリー隊長のところに入隊しておりましたσ(・´ω`・) 笑

ここで言いたいことが2つあります。

1つ目が『楽して絶対痩せるダイエット法なんてない』ということ!

「新しい斬新なダイエット方法!!」
「これで誰でも楽して美ボディGET!」

と、甘いキャッチフレーズに皆が飛びつき、そのダイエット方法が大流行します。

しかし次の年になるとまた新たなダイエット法が話題に。そしてまたそっちに飛びつきます。

本当に全員が痩せるならこんなに次々ダイエット方法が出てくるわけがありません。
ダイエット産業は打ち切りなはず。

肥満は寿命を縮め病気になるリスクを促すと言われています。
絶対痩せるダイエットがあったらアメリカの成人肥満率30%を超えるなんてありえないのです。

皆さんダイエット産業に踊らさせてはダメです。
いい加減気づきましょう!
楽して痩せるなんていう魔法のダイエット法なんてありません!!

2つ目にお伝えしたいことは
上記のダイエット方法、あれだけあって実は『やってることは2パターン』ということ!

どういうことかと言うと、
①摂取カロリーを下げるダイエット
②消費カロリーを上げるダイエット

このどちらかなのです!

上記のダイエットたくさんありましたが、全てが、①摂取カロリーを下げるダイエット か、 ②消費カロリーを上げるダイエットに当てはまるのです。

「カロリー」とは、生命維持、活動をする上で必要な熱量、エネルギーの単位です。

「摂取カロリー」とは、あなたが食事で体内に摂取したカロリー

「消費カロリー」とは、運動、基礎代謝、食事誘導性熱代謝などで、体内で消費されたカロリーのことです。

運動はわかりやすいと思いますが、基礎代謝と食事誘導性熱代謝は耳馴染みのない方もいらっしゃるかもです。

「基礎代謝」とは、何もしなくても、寝ていても人はエネルギーを使います。内臓はずっと動いていますからね。その何もしなくても使うエネルギーの量を基礎代謝と言います。

すっごく食べるのに運動もしてないのに全く太らない、むしろ痩せてる!というなんとも羨ましい方いますよね?

そういう人が基礎代謝が高い人です!
何もしなくても消費するカロリーが高いなんてなんとも羨ましいですー♡

「食事誘導性熱代謝」とは、ご飯を食べていると、身体がポカポカしてきませんか?

食事をした後は運動をしなくても代謝量が上がります。体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が体熱となるのです。

食事をして汗をかくのは食事誘導性熱代謝の為です。

少し小難しい事を書いてしまいましたが、

摂取カロリーを下げれば、消費カロリーを上げれば、人は痩せるということ!

逆に摂取カロリーが上がり、消費カロリーを下げれば太っていきます。

では、理想のボディになる為に

①摂取カロリーを下げるダイエット
②消費カロリーを上げるダイエット

どっちをしたらいいの?
となると思います。

正解はーーーーー
次回のブログで書かせていただきますねん♡

あんな

次回のブログも見えもらえると嬉しいです

ABOUTこの記事をかいた人

あんな

はじめまして。 シンドロームのキャストアンナと申します。 グループ会社で働き始め、3か月後からM性感シンドロームにも所属し10月で両店を卒業しました。出稼ぎで10ヶ月という短い期間ではありましたが入店する際決めていた目標金額を稼ぐことができました。 ここでブログを書かせてもらいながら、最近また不定期に出勤しております。 そのうち質問なども受け付けようかなと思っています。 ちょこちょこ更新しますので覗いてくれると嬉しいです。